【2018浅虫水族館35周年】ゴマフアザラシもイルカショーも!

[cc id=336]

 

こんにちは、青森の海が大好きなaonyanです^^

 

2018年7月23日、「青森県営浅虫水族館」開館35周年を迎えました!

私はその日よりも前の6月中旬に行ってきましたので、写真と動画を交えながら館内の様子をレポートしたいと思います。

 

さらに、ゴマフアザラシの赤ちゃんの愛称も決定しました(^o^)

いったいどんな愛称になったのでしょうか♪

 

スポンサーリンク

ゴマフアザラシに会いに行こう

最初に、浅虫水族館でも特に人気の高い「ゴマフアザラシ」を見に行きました。

ゴマフアザラシの展示プールは、「海獣館」の一角にあります。

実は2018年の春にゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれたという情報をキャッチしていて、見られるか淡い期待を持ちながら行ったのですが、残念ながら赤ちゃんはまだバックヤードで飼育中でした。

大人のゴマフアザラシは大きかった

まず、この写真を見て下さい。

大人のアザラシは大きい~!!

たしか水槽内に2,3頭いたと思いますが、この巨体が勢いよく泳ぎ回るにはちょっと狭いかな?と感じます。

ゴマフアザラシの赤ちゃんに会いに行ったが・・・

大人もカワイイですが、やっぱり赤ちゃんに会ってみたいですよね。

でも、今回は一般公開するにはちょっと早かったようです。

その代わり、バックヤードで飼育されている様子を中継していましたよ。

上の方にちょこっと寝てる様子が見えますが、正直アザラシに見えなかった^^;

この日はまだ赤ちゃんの愛称を募集している最中でした。

なんと、浅虫水族館では「13年ぶりに生まれたアザラシの赤ちゃん」とのこと!

お母さんのお乳を自力で飲めなかったようで、水族館の飼育員さんが大事に育ててくれたんですね(*^_^*)

ゴマフアザラシの赤ちゃん、愛称がついに決定!

2018年7月23日、35周年の日に赤ちゃんの愛称が公開されました。

愛称はかぶとくんです!!

応募総数は1,757通にのぼったとか。

 

命名式終了後には展示プールデビューも果たしましたので、これからの成長をみんなで見守っていきたいですね^^

イルカショーを楽しもう

水族館といえば、やっぱりイルカショーは定番ですよね。

もちろん浅虫水族館でもイルカショーは人気で、年々少しずつ内容も変わっています。

こちらは開演前のプールですが、通常はカーテンが閉まっているので見ることはできません。

もしかしたら、朝イチだけの特権かも??

浅虫水族館のイルカショーは青森ならでは

今年のイルカショーは、「ねぶた祭」がテーマのようです。

ねぶた囃子に合わせてイルカが跳ねたり踊ったり、青森でしか見られないイルカショーでしたよ♪

 

ショーの全容はぜひ現地に行って見てほしいですが、ほんの少しだけ動画をお楽しみ下さい。

いるか館の下からいつでも覗けます

イルカショーとは別に、「いるか館」ではイルカたちがのんびり泳ぐ姿を見ることができるんですよ。

 

スポンサーリンク

むつ湾の海をトンネルに入って楽しもう

浅虫水族館で一番の必見ゾーンは、やはり「トンネル水槽」です!

長さ15mほどのトンネルのまわりには、「むつ湾の海」が再現されています。

私が前回浅虫水族館に行ったのはいつだったか・・・2,3年は前だったと思いますが、この水槽はかなりの変化がありました。

以前はトンネル内の支柱が剥きだしで、ちょっと目障り感もあったのですが、現在は「鏡板」が貼られていました。

そのおかげで、とっても幻想的な海の中にいる感覚になり、居心地も良いですね♪

 

これは何だか分かりますか?

青森県が全国二位の生産量を誇る、ホタテの養殖を再現したものです。

こんな風に吊されてるなんて知らなかった!

 

少し歩くと・・・

ある一角に、魚が「渋滞」してました^^;

 

浅虫水族館のトンネル水槽名物といえば・・・

「エイ」です!下から見ると笑ってるみたい(・∀・)

 

中には怖いやつも・・・

サメさんがギョロッと眼を光らせています。

因みに、青森県ではサメを普通に食べる習慣があるんですよ。美味しいし^^;

 

ついでにお勉強もしちゃいましょう。

青森県は三方を海で囲まれているのは知っているかと思いますが、「陸奥湾」はどのような海か分かりますか?

日本海から北上してきた「対馬暖流」が、津軽海峡から入り込みます。

そして陸奥湾の中をゆーっくり周回し、また津軽海峡を抜けて太平洋に入り、北海道方向と本州方向へ分かれます。

 

つまり、陸奥湾は「暖流」ということになりますが、夏と冬では温度差が大きいのが特徴です。

 

スポンサーリンク

浅虫水族館へのアクセスと営業時間

アクセス(地図、鉄道、車)

青い森鉄道 「浅虫温泉駅」下車し、徒歩10分

 国道4号(土屋バイパス)「青森市浅虫」の信号を山側へ入る

営業時間

9:00~17:00(入館は16:30まで)
※5月3日~5日  8:30~18:00(入館は17:30まで)
※8月11日~19日 8:30~18:00(入館は17:30まで)

年中無休(年末、年始も休まず営業)

浅虫水族館 公式サイト・Twitter

http://asamushi-aqua.com/

おわりに

今回ご紹介した写真は、ほんの一部だけとなります。

ぜひ、浅虫水族館に遊びに行ってみて下さいね♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください