ファンタジーオンアイス2018in金沢 CS放送の感想

こんにちは、aonyanです。

 

今回は、2018年6月3日に行われた金沢公演最終日、当日録画のCSテレ朝チャンネル2での放送を見た感想を書きます!

公演終了直後にはTwitterで沢山の現地レポートが出てましたが、それから僅か1時間足らずで放送が始まりました。
何とも便利な世の中になったものですね。

 

幕張のBS放送の感想はこちらをご覧下さい:ファンタジーオンアイス2018in幕張 BS放送の感想

 

スポンサーリンク

 

幕張公演の放送と違う部分の感想

金沢公演は幕張公演と演出部分はほぼ同じで、出演スケーターも違うのは宮原選手が抜けたくらいでしょうか?

ただ、放送は今回フルで流してくれたので、幕張のBS放送では見られなかった演技を全て見ることができました!

その「初見」部分に関して、特に印象的だったスケーター・演技への感想となります。

アンサンブルスケーターとエラジ・バルデの共演

先日PIWに行ったばっかりなので余計感じたことなのですが、ファンタジーオンアイス(以下、FaOI)のアンサンブルスケーターはレベルが高い!

特にペアのリフトは見応えありますね。

今年のFaOIは、例年よりもアンサンブルスケーターにスポットを当ててるのでしょうか?

 

また、エラジ・バルデさんとの共演が素晴らしかったです。

バルデさんはああいったリズムの曲が凄く似合いますし、リズム感も良いですよね。

アクロバットとエアリアル

私が初めてFaOIを見たときは、アクロバットとブレイクダンスの人、それからエアリアル等、普通のスケーター以外の演技がかなり多かった記憶があります。

今回は合わせても2演技しかなかったんですね。

正直言うと、私はそれくらいで丁度良いかなと思いました。

 

でも、アクロバットの二人はいつもよりプログラムとして楽しめました。

織田信成さんのソロ演技

ソロはジェフリー・バトルさんの振付けみたいですが、バトルさんとの相性バツグンですよね。

元々織田さんは北米系の滑りなので、やっぱり北米の振付師とは合うんだと思います。

 

それからコラボの方も、幕張ではJ-POPだからイマイチだと思ったのに、今回はとても良かったです。

カロリーナ・コストナーのソロ演技

コラボはイマイチだという感想は変わらず。

しかしソロ演技はツボです。長い脚を存分に出して、いつもの「綺麗系」とは違う曲でカッコイイ。

羽生結弦選手と織田信成さんのSBSトリプルアクセル!

Twitterで話題になってましたが、サイドバイサイドで「カウンターからのトリプルアクセル」をやりましたね!

試合では羽生選手しか成功させてない難しい技ですが、織田さんは引退4年後にして見事に習得しちゃいました(゚_゚;)

凄くワクワクして放送を見てましたが・・・カメラワークが悪くてちゃんと見られなかったです(–;)

 

まあ、放送ではどうしても羽生選手中心になってしまうのは仕方ない。

今後、織田さんがどこまで進化していくのか楽しみでなりません♪

羽生結弦選手の4回転トウループ

幕張公演ではトリプルアクセルと3回転トウしかジャンプは跳びませんでしたが、今回ついに4回転を解禁です!!

あまり練習はしてなさそうだけど、4回転トウに関しては身体がすっかり覚えてるレベルなのでしょう。

 

インタビューを聞いた限り、身体の調子はかなり上向きだと感じました。

今後は、「動きすぎないように」セーブしながら練習していく段階に入りそうですね。

 

スポンサーリンク

おわりに

羽生選手のファンとしては、彼が順調に回復していることが何より嬉しいです!

そして、「自己振付け」の演技を見られたことで、羽生選手の更なる可能性を感じました。

 

あ、言い忘れましたが・・・羽生選手、国民栄誉賞受賞おめでとうございます(*^_^*)

ちょうど金沢公演の最中に発表になったので、さっそくバナーでお祝いするファンも居ましたね。

 

次の神戸公演からは、アーティストも出演スケーターも大幅に変わります。

どんなオープニングやエンディングになるのか、どんな振付けが見られるのか今からワクワクして待ってます♪

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください